[戻る]
次世代DVD機 部品開発

2007年11月21日



 電子部品材料メーカーのコイケ(中央市一町畑、小池光社長)は、次世代DVD向け光学部品の製造に乗り出した。次世代DVD対応の録画再生機(レコーダー)に搭載される「波長板」と呼ばれる部品の開発に成功。大手電機メーカー向けに量産出荷を始めている。地上デジタル放送の普及に伴い、ハイビジョン映像を再生・記録できる次世代DVD市場は成長が見込まれており、同社はDVD向け部品を新たな事業の柱に据える考え。

 生産する波長板は次世代DVDレコーダーの光ヘッド部分に組み込まれる部品。DVDディスクに半導体レーザーを照射して情報の読み取りや書き込みをする際、ディスク表面から戻る光の波形を調整し、照射光への影響を抑える重要な働きをする。
 同社は中でも、二枚の水晶ウエハーを貼り合わせたタイプなど高倍速や録画用に必要な高出力タイプの波長板を生産する。供給先に合わせて主に2ミリ角から10ミリ角程度のサイズを手掛ける。「ブルーレイディスク」「HD DVD」のいずれの陣営向けにも対応できるという。
 同社によると、次世代DVDレコーダーは現行品と比べて高密度の読み取りを可能にするため、波長板も高い加工精度が必要。同社は、現在主力の携帯電話向けタンタル酸リチウムウエハーなど素材生産で培った結晶開発力、加工技術を生かすとともに新たに貼り合わせ技術や成膜技術も開発し、自社内で素材生産から部品加工まで一貫生産できる態勢を整えた。開発に関わる投資額は1億5千万円。

 2010年3月期には年間1千万個、12年3月期には同5千万個の出荷を見込んでいる。同社の07年3月期の売上高は約40億円。新規事業の拡大で、12年3月期には倍増の80億円を目指す。

「2007年11月21日(水) 山梨日日新聞 より転載」